建築事例

works

総本山知恩院 塔頭 常称院
庫裡 改修工事

( 2017年6月 / 京都市東山区 )

大正期 庫裡建築の改修

浄土宗総本山知恩院が大切にされてきた建物で、腰屋根を備えた切妻の典型的な庫裡建築です。現在の建物は大正時代に建立。最初に調査した際はしばらく使われていなかったこともあり、あちこちで雨漏りが発生していました。今回の改修工事では、屋根の葺き替えを中心に間仕切りを一部変更し、そこに新たな機能も追加し、快適に過ごせる空間に変貌させました。

有馬棟梁コメント

大屋根を解体すると、大きな破風を受けている差母屋が折れている箇所を発見。檜の桔木を計8本追加して補強しました。その他、小屋束に通し貫の追加、昔おくどさんとして使われていた台所の大空間は井桁に組んだ水平構面を追加補強するなど、全体的な構造補強を施しました。瓦下地で特に大切な箕甲部分はひな壇で納めたり、古い柱を抜き差ししたり腐った柱の根継ぎ補修など、若い大工にとても貴重な経験となりました。やはり改修工事は見極めが難しいです。

施工風景

お問い合わせ

contact